その196) 1日の「始まり」は、昨日の「終わり」から

 

「相談支援が うまくできるようになるために 毎日何をしたらよいでしょうか?」

 

先日、あるソーシャルワーカーの方から 質問を頂きました。

 

 

 

「何」をしたらよいか、は 分かりませんが、

 

僕やスタッフがやっていることは お伝えできますと お答しました。

 

 

 

それは

 

1日の「始まり」は、必ず 昨日の「終わり」から スタートすることです。

 

 

 

僕が この相談支援、ソーシャルワーク業務の中で

 

一番 大事にしている「業務」

 

 

それが、「レビュー」です。

 

1日の「反省」をする 仕事の終わりの 5分間です。

 

 

 

そこで、今日 一日 良かったこと、うまくいったこと、感動したこと、を

 

 

1行書きます。

 

 

1行です。何行も 業務日報のように書きません。

 

そして 一つです。 たくさん良い事があっても 一つに絞っています。

 

 

 

 

そして、 もう一つは  次回から気をつけたいこと を

 

1行書きます。

 

 

これも 1行です。反省ではありません。

 

気をつけたいこと、改善しようと思ったこと です。

 

これも 一つです。

 

 

 

この2行

 

○今日 一日 よかったこと。

 

○次回から 気をつけたいこと。

 

これだけです。

 

 

 

これを 翌朝、仕事が始まる前に 確認すること。

 

ただ、これだけです。

 

 

 

出勤簿を工夫しても、自分のノートでも 手帳でも なんでも かまいません。

 

 

ルールは、「仕事のスタート時に確認すること」 です。

 

 

 

 

よく 心配事や失敗などを

 

 

「一晩寝て 忘れる」 ことも ありますが、

 

「一晩寝ても 忘れさせない」仕組みが この2行 なのです。

 

 

 

計画も大切ですが、

 

一番大切なのは この「振り返り」です。

 

 

 

「振り返り」を忘れずに 「次に活かす」ことが 大切です。

 

 

毎日 書く この2行は  1年で400以上になります。

 

 

 

これだけの振り返りをすると やっぱり 確実に成長します。 (げんき)

 

 

 

 

 

簡単でないと、苦もなくできないと やっぱり継続できません。

2行なら 出来るものです。というより、2行の方が断然効果がありました。(げんき)