その223) 「楽観的」に考えられる人は 相談支援に向いている。

 

 

「楽観的」に考えられること。

 

 

これは 一つの「能力」です。

 

 

 

もし、 みなさんが 自分自身は 「楽観的」だと感じられたならば

 

きっと 相談支援には 向いています。

 

 

 

 

 

「相談にのる」

 

「支援をする」

 

 

 

このことを行なうには、2つのものが 必要になります。

 

 

 

それは

 

 

「想像力」と「積極性」です。

 

 

 

解決に導く アイデア を生み出す力、 それが 「想像力」であり

 

 

問題に正面から向き合う能力  それが「積極性」です。

 

 

 

 

この「想像力」と「積極性」がなければ

 

 

決して 問題が解決することは ありません。

 

 

 

もし、この2つがなくて 問題が解決したとするならば

 

 

そもそも 「問題」など なかったのか、

 

もしくは  あなた以外の「ほかの誰か」が

 

「想像力」と「積極性」を持って 解決したか、

 

そのどちらか です。

 

 

 

この2つのちからは  必要不可欠なのです。

 

 

 

この「想像力」と「積極性」を生み出すもの

 

 

生みの親となるのが

 

 

「楽観的」な思考 なのです。

 

 

 

 

 

「大丈夫」

 

「なんとかなる」

 

「方法は いくらでも ある」

 

 

「解決できない問題など ない」

 

 

そうした思考 なのです。

 

 

 

 

「どうしよう」

 

「どうしたらいいの・・」

 

「もう だめだ・・」

 

「きっと うまくいかない・・」

 

 

 

そうした「悲観的」な思考から

 

問題の解決や 前に進んでいく 感覚を得ることは 難しいのは

 

きっと 誰にでも 理解できます。

 

 

 

でも、、 

 

 

わかっていても、、、

 

 

「悲観的」な思考になってしまうのが

 

 

やっぱり 人 なのです。

 

 

 

 

 

 

あなたの目の前に現れた 問題には

 

間違いなく 「解決方法」が あります。

 

 

 

 

まずは 「解決方法があるのだ」と安心することです。

 

 

 

そして 「大丈夫、なんとかなる」と 笑顔を作ること。

 

 

 

これが 支援者にとって 大切な心構え なのです。

 

 

 

 

大丈夫!!  なんとかなるのです。   (げんき)

 

 

 

 

大丈夫!あなたなら きっと 問題を解決することができます。 (げんき)