その232) 「朝のひと言」が その人の印象を作るのです。

 

言葉の中で もっとも大切にしたいもの

 

 

 

それは

 

 

 

「朝のひと言」です。

 

 

 

職場の同僚との挨拶であっても

 

朝 こどもたちを送ってきた 保護者への挨拶であっても

 

「朝のひと言」は 本当に 大切なものです。

 

 

 

 

 

「朝のひと言」

 

 

それは、その人のイメージに大きく関わってくるのです。

 

 

 

朝一番のひと言は きっと 挨拶だと思います。

 

 

「おはようございます」 です。

 

 

 

 

「朝のひと言」は その次の 「ひと言」 です。

 

 

 

昨日は ありがとうございました。

 

今日はいい天気ですね。

 

お母さん 風邪の方は どうですか?

 

今日のスカーフ かわいいですね。

 

昨日は 遅くまで お疲れ様でした。

 

 

 

その後の「ひと言」は 様々です。

 

 

 

「おはようございます」は、みんな共通ですが、

 

次の「ひと言」は、 「その人」を表すのです。

 

 

 

「おはようございます。聞いてください・・朝から大変なんです・・。」

 

そう言われると ドキッとしてしまいます。

 

 

気持ちよく 朝の空気を吸いながら 今日も頑張ろうと 思っていても

 

テンションは 下がってしまいます・・。

 

 

 

もし

 

「おはようございます。 今日もよろしくお願いします!

 

先生、実は ちょっと 朝から大変なんです。」  と言われると

 

 

 

「なになに・・・朝から しょうがないなあ(笑) ・・・・ どうしたの??」 と

 

ほんの少しの余裕も 生まれるのです。

 

 

 

 

挨拶だけすればいいんでしょ、、と 「おはようございます」と言うだけでは 

 

せっかくの あなたの魅力も相手に伝わらないのです。

 

 

 

 

「おはようございます」

 

 

そして

 

 

その後の 「朝のひと言」

 

 

 

それが 「あなた」のイメージなのです。  (げんき)

 

 

 

 

僕の朝のひと言は、周りの方に聞いてみると

「今日 なにか 手伝うことあったら いってね!」 のようです。(げんき)