その263) ソーシャルワークを学ぶ方法を教えてください。

 

「ソーシャルワークを学ぶ方法は、やはり本などで学ぶべきでしょうか?」

 

「日頃の保育現場での活動の中で 学ぶ方法はないのでしょうか?」

 

 

 

どのように ソーシャルワークを学んだら良いか、

 

そうした ご質問をよく 頂きます。

 

 

 

 

僕がやっている 「ソーシャルワークの学び方」をご紹介します。

 

 

 

 

僕は ズボンのポケットの中に 1枚のカードを入れています。

 

 

 

「この方のしあわせのために 今 何ができるか」

 

 

そう書かれたカードです。

 

 

 

このカードは ズボンに入れているので 折れ曲がったり、汚れたり

 

何度も書き換えたので、初代のカードから、もう数十枚目になります。

 

 

 

常にそのカードを見ながら 動いているわけではありませんが、

 

忘れそうになったり、ふと思い出すと

 

 

そのカードを見て、それを実践するよう こころがけます。

 

 

 

 

 

「ソーシャルワークを学ぶ」とは

 

特殊な理論や考え方や技術を学ぶことではありません。

 

 

 

 

 

 

「ソーシャルワーク」は 価値の実践です。

 

 

「大切なこと」を忘れずに 実践すること。

 

 

 

それが 「ソーシャルワーク」です。

 

 

価値とは、目の前にいる方の「しあわせ」です。

 

 

それ以上でも、以下でも ありません。

 

 

 

 

「価値」を実践するためには

 

常日頃から 忘れないように心がけて行動する。

 

 

 

 

これ以上の勉強方法はないと 僕は思っています。 (げんき)

 

 

本当の勉強方法とは、目をつぶってできるものです。教科書も何も必要はありません。

たとえ無人島に流されても、山の中で1人ぼっちになっても勉強はできるのです。(げんき)