その289)「自然と ~したくなる」を考えるとうまくいくのです。

 

 

毎日 本当に暑いですね、、、

 

そんな時に 目の前に 冷たいウォーターサーバーが あると

 

思わず、紙コップを取って 飲みたくなります。

 

 

 

コンビニの前のガラスのウインドウに 

 

今一押しのスイーツや、ソフトクリームなどの写真が貼ってあると

 

こころが惹かれて 思わず 買いたくなります。

 

 

 

 

町を歩けば いたるところに

 

『自然と  ~したくなる』ものが あふれています。

 

 

 

 

先日、保育者研修の中で

 

「どうしたら 保護者が声をかけやすい雰囲気を作れますか?」

 

という 質問を頂きました。

 

 

 

その場で すぐにお答しました。

 

 

『おかえりなさい』というメッセージボードを置いておくことです。

 

 

 

お迎えの時間が近づくと 玄関の近くに

 

画用紙でもいいし、黒板やホワイトボードでもいいし、

 

書いておくと いいのです。

 

 

 

もちろん  『おつかれさまでしたね』 でも 

 

『いつも おしごと ありがとうございます。』 でも かまいません。

 

 

保護者の目につくところに 置いておくのです。

 

 

 

そうすることで

 

『自然と先生に話しかけたくなる』のです。

 

 

 

 

こどもたちも 同じです。

 

 

目に付く場所に 新しい絵本やぬいぐるみの姿があれば

 

やっぱり 近づいて 手にとってしまいます。

 

 

 

自然に 近づいてしまうのです。

 

 

 

 

これは 保育現場に限ったものではありません。

 

 

 

人が集まる どんな場所であっても

 

 

そこには 

 

 

「自然と ~したくなる」 工夫が 必要なのです。

 

 

 

 

 

「自然と先生に話しかけたくなる」

 

 

まだまだ たくさん アイデアは 転がっているはずです。 (げんき)

 

 

 

8月はじめての更新になります。台風が来てますね、、、

みなさんも十分に気をつけてくださいね。(げんき)